【小ネタの館】130万?180万?扶養について

皆さんこんにちは!幸坂です。

先日、こんな質問を頂きました。

「お客様が別居している独り身のお母さんを扶養しているんだけど、
今年から個人年金(私的年金)をもらうようになったの」

「はい」

「厚生年金ももらってるから扶養に入れなくなるんじゃないかって、不安になってるんだけど・・・どうなのかな?」

「はい。その扶養って税扶養ですか?健康保険の扶養ですか?」

「えっ?」

ここからは、一般的なお話としてですが、女性Aさん(65歳)は、厚生年金で80万円と個人年金120万円もらうそうです。

まず、税金の扶養を考えてみましょう。

厚生年金は、公的年金の控除120万円を引くことが出来ますので、
80万円-120万円=0円となります。
個人年金は既払保険料にあたる経費が70万円だったそうです。
120万円-70万円=50万円になりますので、38万円以上の所得になりますので、お子さんの税金の扶養に入る事が出来ません・・・

今度は健康保険の扶養を考えてみます。

健康保険にて別居の親を入れるには、色々要件がありますが、原則として
60歳以上は収入180万円というバーがあります。60歳未満は130万円です。

この方は、厚生年金80万円と私的年金120万円の合計200万円の収入がありますので、健康保険の扶養も抜くことになったそうです。
更にその会社の制度では健康保険に加入している方の扶養手当として、
会社から毎月12000円をもらっていたので、これもなくなります。
大きな金額ですよね。
また、Aさんは、ご自分で国民健康保険に加入する事になります。

仮にこの個人年金を一時金としてもらっていたらどうだったのでしょうか?

税金の扶養は変わらず扶養にする事は出来ないでしょうが、健康保険に関しては一時所得ですから、そのまま扶養に入れる事が出来たと考えられます。また、次の年からは税金の扶養に入る事も可能です。

私的年金を一時金か年金タイプでもらうかどうかは、健康保険の扶養なども加味して考えないといけないですね。大きな金額が変わってきます。

Please Login to Comment.