【小ネタの館】社会保険(年金事務所)の調査

皆さん!こんにちは!幸坂です(^_^)v

早いもので、今年最後の小ネタです。

テレビでは、北海道は爆弾低気圧ですごい事になっています!とニュースでやっていますが、いつもの事なのでそんなに気になりません。

爆弾低気圧ってなんかスゴいですよね(笑)

なんだか不安になります(-_-)

さて、先日、社労士の方とお話する機会がありまして、皆様も良く聞かれると思いますが最近、社会保険料の調査が特に増えているとの事でした。

調査の立ち会いもされているそうなのですが、調査のポイントとしては、源泉所得税領収証書の人数と所得税額の合計額が提示書類と合致しているかどうか?だそうです。

当然、合致していれば調査の半分はクリアした事となりますが、問題となるのは、社会保険に加入しなければならない労働者を加入させていないことが判明されたくないため隠してしまう事です。

所得税納付を納期特例の会社であれば、言い訳も出来そうですが、毎月納付の場合は、完全に即バレですね。もちろん、社会保険は、払わなければならないものですが、事実としてパート従業員や高齢者の方の社会保険は、お互いの事情で上手くやりたいという事もありますし・・・働いたら損になってしまうケースだって出てきます。

また、副業OKの企業が増えて来ていますが、社会保険の整備はどうなっていくのでしょうか。

最後に仰っていましたが、最近は社会保険の調査件数を増やす方針で行われているそうで、しばらく調査されていない会社は要注意との事でした。

知的な小ネタでした(^_^)(人の話ですけど)