【小ネタの館】住宅ローンと債務控除

 

皆さんこんにちは!幸坂です(^_^)

今年は、札幌にて日本MDRT会が行われておりまして、私も新日本保険新聞社様のブースにてお手伝いをさせて頂き、参加させて頂きました。

今年一番の晴れやかなお天気でした。さすが皆さんもってますね(^_^)

さて、今回は国税庁のHPにも間違いやすい事例で掲載されております
「住宅ローンは相続税申告時の債務控除」になるのかどうか?
という内容です。ちなみにかなりの小ネタです。

答えは、団体信用生命保険契約に基づき返済が免除されるローンは、死亡により支払われる保険金によって補てんされることが確実で、相続人が支払う必要がない債務なので、相続税の計算上、債務として差し引くことはできません。が正解なのですが・・・・いわゆる収入保障保険で住宅ローンのために保険に加入された方は、相続財産となりますで、住宅ローンは債務控除になるという事になりますよね。

場合によっては、相続放棄の選択肢が増えるという事になりますね。

更にマイホーム購入後に、早くになくなられた場合、収入保障保険なら住宅ローン控除も使える可能性もでてきます。

ケースバイケースですが、こんなメリットデメリットもあるんですね(^_^)