【小ネタの館】扶養義務者が負担した老人ホームの入居一時金は贈与?

皆さんこんにちは!幸坂です。

先日受講したセミナーでこんな話を聞いてきました。

急速な高齢化の進展により、今や、有料老人ホームへの入居は珍しいことではなく、入居に係る各種費用について、夫が妻の費用を払ったり、子供が父母の費用を払ったりするのは一般的なことになってきています。

入居一時金は通常高額であることから、入居する際に自身で資金を準備できず、配偶者や子供が拠出することもあります。

そのような場合の拠出の入居一時金が、贈与税の課税対象となるか否かが論点になります。

基本的には「贈与税の非課税財産」の規定により、「扶養義務者」である子が、生活費に相当する老人ホームへの入居一時金を支払い、その金額が過度に高額でない支出であるときは「贈与税の非課税財産」に該当し、受贈者が贈与税を支払うことにはなりません。

という事なのですが、過去にはあまりにも高額かつ設備が華美だったため認められなかった判例もあるそうです。

このいわゆる「社会通念で判断」ってホントにあいまいですよね・・・

Please Login to Comment.